ENo.473 メイス
基本情報

出身深い森の奥

年齢31歳性別

身長165cm体重思ったより軽い

好きなもの研究

特技「まj…… ま、マジメに牧場生活、とか?」

牧場の特産物とれたて新鮮野菜や卵や牛乳

プロフィール

――牧場主の朝は早い。


朝早くから起きては自分の身支度をし、飼い犬を一撫でしたら広大な畑の水やりが始まる。
畑の隅から隅まで水をやり、生えた雑草を抜き、収穫頃の作物があったら刈り取る。

作物の世話が終わったら今度は動物達の世話だ。
動物達は牧場の宝。晴れた空の下へ放牧し、ブラッシングも欠かさない。
こうしてストレスをなくし目一杯愛情かけて育てることにより高品質の卵や牛乳が我々の元へ運ばれてくるのだ。


メイス
「正直、楽な仕事とはとても言えないですね。でも、それ以上のやりがいがあるっていうか。」

メイス
「毎日育てた作物が見事に実ったり、動物達の笑顔を見ていますとね、牧場主も案外悪くないなあって。そう思えてくるんですね、ハイ。」

メイス
「豊かな自然と新鮮な野菜や畜産物がいっぱいの、ソルシエ牧場をどうぞ、どうぞ何卒よろしくお願い致します!」














メイス
「…………………………………。」


メイス
やっっっっっっっっっっってられるかこんな仕事。



メイス・ヘルツフェルト

表向きは牧場を一人で経営してる一見若く見える男性。
……が、その正体は魔法使い。
外面を良くするため表面はニコニコヘラヘラしているが、本来の性格は自信家で傲慢な性格。口調もかなり荒い。
でも牧場の動物達をしっかり育ててるところを見るに案外世話好きで努力家なのかもしれない。

これまでのあらすじ
とある世界のとある魔女の家系に生まれた男性。
魔法が使える女性を魔女として特別視している家系の為、そもそも男性であるメイスは疎まれ肩身の狭い思いをしていた。
しかし、彼は心底負けず嫌いな性格だった。必死に勉強し努力し時には悪魔ともビジネスした結果、一族の中でもそれなりに優秀な魔法使いになった。

彼は魔女ではない。……が、実力は確かにある。
力がある為男とはいえ一族の中でも下手に口を出せる者は少なくなっていった。
これはワンチャンあんじゃね?そう思っていた彼にとある話を持ちかけられる。

『昔祖父がいたとされる牧場の跡地を豊かにすることが出来たら存在を完全に認める』、と。

勿論その話に乗らないわけがなかった。
───が、その土地の正体は同じく魔法使いである祖父が好き勝手荒らしまくった魔法の実験場だった。


特技はマジメにボクカツ…… ではなく勿論魔術。
元々は呪術や黒魔術、炎系の魔法を好んで使うが、牧場の効率化の為の魔法も学んでいる。
魔法でも何でも効率化しねぇとやってらんねぇよこんなん。


いつもはここにいる→ソルシエ牧場


 
 
 
 
(C) 2020 Hisagi & CloveR Steps.