ENo.45 イヴイエ
プロフィール

『悲哀のイヴイエ』

因果と時間を司る“大いなる獣”。
竜の始祖──旧き竜に列なる竜の王がひとつでもある。軽薄で陽気な男。
多くの妻、多くの子を持つが、妻も子も彼が笑った姿を一度として見たことがないという。

たまたま手帳を手に入れたついでに竜の巫女の様子を見にやってきた。



『反証』

悲哀の王が持つ最大の権限。
因果を植え付け、逆さまに「回す」ことで結果を確定させる。



『バルド・ルェルェクア』

ヴィの使役する漆黒の若き竜。豪放磊落でややお調子者。
電磁場を生み出し、電子を操ることを得意とする竜の上位種。

『エルデ』

嘗ての竜殺しの屍。
とある死霊術師の元にあった死体がバルド・ルェルェクアの血肉を得て再生した。魂はないがバルドの血を指定してヴィに隷属する形になっている。のんびり屋。


 
 
 
 
(C) 2020 Hisagi & CloveR Steps.