ENo.370 朱飛龍(シュ・フェイロン)
プロフィール

□身長:165cm
□体重:細身

「小飛(シャオフェイ)と呼んでほしいネ!」

現世地球出身。アギルベルトと同じ世界。
男なのか女なのか分からない細身。子供のようにも見える女。スタンドカラーのチャイナシャツを着た人物。サングラスをかけていて目元の表情がわかりにくい。
気安い調子の年齢不詳。それなりに年を取っている「若作り」。

黒幇の指導者層。地下闘技場の経営者。
何らかの、体系化された神秘を行使する手段を持っている。そのため、魔法や神秘に親しむものであればその気配を感じることもある、かもしれない。


“刃の光”アギルベルトを拾って日本に送り出した張本人。
人身売買にも手を染めていたフェイロンは、あるとき某国で養父に売られた彼を見出し安く仕入れた。彼の素質はフェイロンの元では錆びつかせてしまう性質のものだった。そのため、教育を施した上で日本の【屍人喰らい】へ預ける。離れたあとも組織を通じてやり取りはあったようだ。

正体“よくない精霊”の一種。“ジン”と呼ばれる煙の妖精の一つ。煙猫。
悪しきジンは人を狂わせ、天に怯える。フェイロンはその在り方を脱し、人になることに憧れた。願い事を一つ使ったけれど、よくない在り方から完全に脱したわけではない。彼女は【鬼】に近いものになり、結局、焦がれたヒトを喰って永らえることになった。


メイン:黒き子供たち【http://ct.428.st/?mode=profile&eno=370


 
 
 
 
(C) 2020 Hisagi & CloveR Steps.