ENo.18 イスエリオス・アテカム
プロフィール

                  都 市 怪 異
          『解体《バラ》すもの』
                 - Dismantler -

       "Zeno" Isseyrios Athekamt Alkerah Aeon "ParadoxiA"



 
「Don't be afraid to change yourself.」

             ──変わることは、何も恐れることではない。
 


 イスエリオス・アテカム
 (Isseyrios Athekamt)
   ……略式:イステカム《通称》

 Job:Mechanic

 Height:171㎝
 Weight:58㎏
 Age:17

 Sex:male
 Race:Human(Recipe/Master Keying

 Alignment:Neutral-LIGHT 中立にして善


  - - - 《*Definition*》
        - - - 《*Definition*》



やや傲慢ちきが目立つ、お年頃の少年──だったもの。
これは万能の合鍵にして背理、善なるがゆえに怪異たる概念。
偏執の徒であり、完成されながら肥大する現象。完全論理の矛盾。

《解体》と、その先に或る創造のサイクル……善きこと・ものを望む。
すべて、自他ともに。全を壊し、汲み上げ、見やる。そうで在るべきだと。

ひとに対する興味は薄く、かれはモノ・コト、その先の善きことを是とする。
そのために手を貸し、差し伸べ、言葉を寄越し、利他によって自らを満たす。

すべては善性へと偏在し、『解体』もまた、善意によってのみ行われるものだ。

──ゆえに、イスエリオス・アテカムは怪異である。



【性格】:
少年ゆえの高慢さと、口調・態度ともに高圧的。
けれど、お人好しであるし、節介をかけがちな善性を基盤とする。
よくも悪くも、"少年"らしい。第一印象に反して、素直ではあるが。

【仕草】:
赤ベースの作業着(ツナギ)。切り替えを行うときは、ゴーグルを直す。
時々上の空を見せることも。返事は、往々にして態度が悪いことを留意。

【能力】:
『万能の合鍵』『異能』『自己複製』『不老不死』
『概念性』『自己改変』『強化身体能力』『次元渡航』など。
多岐に渡る。もう人ではない。詳細は下記の折り畳みを参照。



……能力について
 
発症:異能性脳腫瘍

異能:解体《〔Undefined〕》
触れたものを『解体』する。要接触。
かつ対象が「継ぎ目(*物理的・概念的を問わず)」を有する必要がある。
射程範囲は非常に短いが、有機・無機・記憶・精神(※非常に限定的)を問わずバラすことが可能。
また、バラしたものを元通り(=逆行)することも可。
ただし、「まったく同じ」には戻せない。破壊と創造のサイクルは完璧ではない。



定義:Recipe
レシピ魔法。或る星の(不)条理であり、絶対的な論理。
レシピは消えず、レシピは索引される、レシピによる変化は絶対。
そんなレシピと納得に足る物質、伴う”説明”を以て、自身をレシピと結びつける。
よって、事実上の不老不死・不滅性(*物理的破壊手段も当人による破棄のみ)を得た。
これを達成するために、認証情報物質を束ねたMaster Keying〔マスターキー〕を取り込んでいる。
万能の合鍵によって、理(*レシピ)と自身を開き、理に自らを取り込ませた。



定義:万能の合鍵
条理を越えた三次元上のロゴス・概念に《再定義》されたモノ。
「全開条鍵と紐づけたモノは三次元上なら、なんにでもなれるという特性を利用、
レシピ人間である自らと、全開条鍵が結び付く事によって概念化。
再定義のついでに、「成りたい自分に為る」という強烈な自己改変能力を獲得。
副産物的に強まった万能の合鍵の指向性は、異能と結びついて他者へ干渉するに至る。
彼は無数の再定義と解体、解釈を汲み、組成を繰り返す、普遍にして不変。
ツェノンの背理そのものだ。



浸蝕:背理感染
万能の合鍵《Master Keying》を介した他者干渉による最悪の副産物。
他者に対する「定義」を行うことにより、結果的に新たな背理を発生させる。
レシピ魔法を伴わない干渉は最低限の指向性しか定められず、発生の確率は大。
最も引き起こされ易いケースは"Schrodinger"── 既に一件(人)が感染済み。
自らも殖えて、背理を更に殖やす。背理の父。怪異を呼ぶ怪異。"Enemy"である。

 


 
 
 
 
(C) 2020 Hisagi & CloveR Steps.